情報系役立つ資格代表的なのはこれ

就職や転職に有利になる、資格。
きちんとした勉強をして試験に合格しないと取得できませんから、手間暇もお金もかかりますが、その分、得られるメリットも大きいのが特徴です。

給与アップやスキルアップのためにも、チャレンジしてみることをおすすめします。
情報系なら、国家資格である、システム監査技術者、ITストラテジスト、プロジェクトマネージャー、ネットワークスペシャリスト、 データベーススペシャリスト、ITサービスマネージャー、エンベデッドシステムスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、システムアーキテクト、応用情報技術者試験、ITパスポート試験 (新)基本情報技術者、ウェブデザイン技能検定などがいいでしょう。

いずれも難易度は高いですが、その分、認知度や適応度も高いのが特徴です。
公的資格としては、情報検定、ディジタル技術検定、 情報検索応用能力試験、CADトレース技能審査、組込みソフトウェア技術者、日商PC検定試験などが代表的なものとしてあげられます。
そのほか、民間の資格にも、情報処理技能検定試験、情報処理技術者能力検定、EC実践能力検定、C言語プログラミング能力検定をはじめとしてたくさんの種類があります。

役立つ資格パソコン系の資格って何がある?

パソコン系の資格は様々な資格がありますが、勉強すれば誰でも取得できる資格は人気があります。
パソコン系の資格で人気のある資格はマイクロソフトが主催している「マイクロソフト認定資格」が人気があります。

マイクロソフト認定資格はパソコンやコンピュータの技術者を始めとして、パソコンのインストラクタ、コンピュータの営業スタッフなど、自分のITスキルを証明して、自分自身のキャリアアップをサポートしてくれるのがマイクロソフト認定資格です。

マイクロソフト認定資格には様々な種類があります。
マイクロソフト認定資格にはMCP (マイクロソフト認定資格プログラム)、MTA (マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)、MCA (マイクロソフト認定アソシエイト)、MOS (マイクロソフト オフィス スペシャリスト)、MCT プログラム (マイクロソフト認定トレーナー)の種類があります。

特におすすめの資格がMOS (マイクロソフト オフィス スペシャリスト)です。
この資格を取得することでマイクロソフトの製品の知識を十分に理解していると見られて就職に有利になります。

PR

ページのトップへ戻る